確実な母乳の識別

Codeバーコードリーダーと搾母乳の管理ミスの解消

乳児に別の母親の搾母乳(EBM)を与えたしまうことは、乳児の健康を害する可能性があります。搾母乳における摂取数や届ける数、その段取りを考慮し、病院はますます積極的な患者の識別方法や搾母乳と母親と乳児の一致対策を進める必要性を認識しています。

独立型と健康情報システムとの統合へのアプリケーションの双方における搾母乳ミスの解消において、Codeはバーコードソリューション開発のリーダーです。母親のバーコード化された患者IDリストバンドをスキャンすることで、Codeリーダーはブルートゥースを経由してプリンターと通信し母親のユニークな患者IDバーコードを母親の病室内の搾母乳容器用ラベルとして再作成します。搾母乳容器に貼られたバーコードラベルはその後、搾母乳管理ミスを解消と患者の安全性の向上のために、母乳の保存、使用期限の追跡、乳児に与える前の確認時に使用されます。

Codeのバーコードリーダーは殺菌剤対応で、簡単に使用でき、曲がった表面にあるバーコードを含むすべてのバーコードを読むことができるため、小さいボトルや乳児のリストバンド用のバーコードを読むのに理想的なリーダーです。さらに、Codeリーダーの保育器を通してリストバンドのバーコードを読むことができる特許取得の光沢低減技術が特徴です。

Positive Breast Milk Identification Application-in-Brief >>

関連製品確実な母乳の識別
Code Reader™ 1000
Code Reader™ 1400
Code Reader™ 2600
Code Reader™ 4100