Codeバーコードリーダーの競争上の優位性
二重光学焦点:Codeバーコードリーダーは特許取得の二重レンズデザインにより画像の読み込み可能範囲が拡大され、高濃度視野と広角視野の2つが1台に装備されています。直感的に広角視野のバーコードか非常に小さい密度バーコードのどちらを読むのかを判別し1台の機器で行います。同リーダーに二重光学焦点を備えることで、バーコードリーダーを変更することなく使用用途を変更することができます。 さらに詳しく知る »

光沢低減:Codeの光沢低減技術により、光沢ある表面、モバイル機器上、または曲がった表面にあるバーコードをすばやく簡単に読み込むことができます。通常光沢ある表面にプリントされたバーコードは照明や間接照明によりバーコードが読めなくなる場合があります。Codeのバーコードリーダーは産業唯一の2次元エリア画像で、特許取得の光沢低減技術でこうした環境下での読み込み率を高めます。 さらに詳しく知る »

よい読み込み時のバイブレーションモーター:Codeリーダーは最大3種類のフィードバック表示(LED、音、バイブレーション)で、使用環境に左右されることなくユーザーに「よい読み込み」であることを知らせます。さらに、音による読み込み通知の際、音量が調節できます。使用環境により1種類の表示からすべての表示が選択できます。 さらに詳しく知る »

通信モード:CodeはBluetooth®技術とバーコードリーダーの統合において業界の最先端にいます。Codeの特許取得のCodeXML®モデムと組み合わせた際、Codeリーダーは暗号化したデータをBluetooth経由でホストコンピュータやシステムまで最大300フィート(約91メートル)送信します。更なる汎用性のため、CodeバーコードリーダーはiOS、Android、Windows搭載のモバイル機器と組み合わせることができます。リーダーとモバイル機器との間のインターフェイスの汎用性により、途切れることなく作業ができ、ソフトウェアの修正や追加を必要としません。

革新的デザイン: 人間工学に基づいたCodeバーコードリーダーの革新的なデザインにより、ユーザーはバーコードの読み込み性能に影響を与えることなく、各ユーザ0-に適した好みのハードウェア設定が行えます。コンパクトサイズから手のひらまたはハンドルを使っての使用、ワイヤレスからワイヤー接続での利用など、Codeのバーコードソリューションはどんな環境でも優れた性能を発揮します。

耐久性:特に患者への対応において感染を防ぐために殺菌製品を使用する医療界など、Codeバーコードリーダーはほとんどの産業において使用されている洗浄剤に耐えるよう設計されています。耐久性を高めるため、Codeリーダーは粉塵や水の浸入から保護するよう、最大65のIP等級であることが特徴です。製品のIP等級に関しては 一覧表で等級の定義をご確認ください。

プログラム可能ボタン: Codeリーダーはユニット表面上部にある複数のボタンで模擬キー操作、ユニットやその他のトリガーなど様々な目的をプログラミングし、今日市場に出回っている通常の携帯機器に比べて高い汎用性が備わっています。

所要電源:ほとんどのバーコードリーダーはリーダーに所要電源を必要としない、あるいは使用する環境の条件がないように設計されています。エンドユーザーのアプリケーションや電源管理制限はCodeのバーコードリーダーのデザインに不可欠です。
  • Codeのケーブル付きリーダー は極小消費電力ですので、モバイル機器、売店、POSシステムのバッテリーの消費は限られ、操作全体におけるコストを削減します。
  • Codeのワイヤレスリーダーは長時間利用可能な交換可能なバッテリーカートリッジが付属されており、高い使用頻度においても1回のシフト時間よりも長く使用することができます。
交換可能、充電可能、バッテリーカートリッジ:Codeワイヤレスバッテリーは交換可能、充電可能なバッテリーカートリッジが特徴で、ボタンひとつでバッテリー残量をLEDで表示します。交換可能、充電可能なバッテリーカートリッジにより、リーダーの使用を止めることなく、消耗したバッテリーを充電完了バッテリーカートリッジと交換することができます。

JavaScriptによる高度なプログラミング:Codeバーコードリーダーはデータ収集の達人です。それぞれがユーザーにやさしいプログラム言語であるJavaScriptプラットフォームによって双方向性機能を備えて作成されています。JavaScriptによりユーザーはすばやくデータをプログラムし、企業や所有者のソリューションに組み込むことができます。統合や使用が簡単なJavaScriptにより、ほとんどのデータをそのまま管理することができます。プログラムの初心者と経験者の両方がその莫大なリソースや使用の容易さのためにJavaScriptを称賛しています。直感的なインターフェイスから暗号化まで、JavaScriptによって制限なく設定を行うことができます。

手動及び自動トリガー:Codeのケーブル付きバーコードリーダーは途切れることなく、スタンドでの利用からスタンドなしでの読み込みに移行することができます。CR900FD、CR1000、CR1400は自動感知機能が特徴で、リーダーをスタンドに取り付けただけで自動的にリーダーを連続スキャンモードに設定します。このモードにおいてバーコードを解読するにはバーコードをLEDの下に置くだけです。スタンドから外したら、トリガーを押します。